読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都 ひとりごはん 朝食編(7) コーヒーハウス・Maki(マキ) 出町柳

神社と寺院の違いの一つは、営業時間です。お寺には開門時間がありますが、神社は基本的に24時間営業。いつでもお参りができます。早朝の神社は、日中の風景とは違った、凛とした空気に満ちています。 今回は、早朝に下鴨神社に参拝したのち、近くでモーニ…

京都 ひとりごはん(14)  ビストロ・プティラパン 四条河原町近く

8月から9月にかけて、いろいろ忙しかったことと、何と言ってもポケモンGOのせいで夕食後のひと時を散歩に費やすことが多くなり、もの書きの時間が削られてしまったことで、ついつい更新の時間があいてしまいました。おかげで、ほどよい食後の運動にはなっ…

京都 ふたりごはん(1)  木屋町四条下る 納涼川床 イカリヤ食堂

先日、遠方より来客があり、イカリヤ食堂に行きました。イカリヤ食堂には、結構、来ていますが、「床(ゆか)」は初めてです。床というのは、夏場にだけ設置される、鴨川沿いのテラス席のことです。屋根はありませんので、天気のいい日にだけ利用できます。…

京都 ひとりごはん(13) 四条烏丸 欧食屋 Kappa(カッパ)

四条烏丸の交差点から二筋南の仏光寺通を東へ。ちょうど仏光寺の北側です。別のお店に行くつもりで歩いていたら、たまたまお店の前で呼び込みをされていたマスターに誘われて来店。お客さんが途絶えた時間だったので、外で宣伝活動をされていたみたいです。…

京都 ひとりごはん 朝食編(5)  やまもと喫茶店

祇園の北側、東山通りから少しだけ西に入った、白川沿いにある、純粋な喫茶店という風情のお店です。比較的、新しそうです。清潔な感じがします。トーストセットB(620円)は、懐かしいハムエッグが付き。また、朝カレーセット(880円)もあります。あまり辛くな…

京都 ひとり飯(12) 四条烏丸 和食『晴ル(はる)』

私が以前が関東に住んでいて出張で京都に来ていた頃は、ひとりで夕飯をということになると、つい「おばんざい」などの看板につられて、居酒屋風のお店に入ったりしていましいた。「何とかのたいたん」というような京風のネーミングの料理が出てきたりします…

京都 ひとりごはん(11) おでん 『蛸長』と『だるまときんぎょ』

京都の夏の暑さは格別です。そんな酷暑の夜に、あえて熱々のおでんもまた一興です。四条河原町付近の2つのお店は、どちらも冬場はなかなか入れない人気店ですが、夏場は比較的空いていてます。澄んだ薄い色の出汁の風味が優しく、関東や名古屋のおでんとは…

京都 ひとりごはん ゆっくりランチ(1) 河原町御池 『アンビエント・カフェ mole』

河原町御池の交差点から2筋西の御幸町通を北に1ブロック半ぐらい行ったところにあります。京都市役所の北西の裏あたりといったイメージです。cafemole.web.fc2.com 本当はあんまり紹介したくないけど、休日の午後をゆったり過ごすにはとってもいいところで…

京都 ひとりごはん(10) 烏丸五条 シーフードと白ワイン バル 『Agiyao(あぎやお)』

五条烏丸交差点から、五条通りを烏丸通から東に2筋目をほんの少し北に上ったところにあります。このお店の二階は同系列の別のお店「あぎやお」です。かつてミシュランの一つ星を獲得したとか。一階はその「セカンド」的な位置づけだと思います。お二階と料…

京都 観光スポット(10) 2つの伊藤若冲展 細見美術館と相国寺承天閣美術館

今年は伊藤若冲の生誕300年なんだそうですね。いま京都で開催中の2つの伊藤若冲展に行ってきました。休日の午後にもかかわらず、どちらも待ち時間なし、行列なしで入れました。さして混んでもおらず、ゆっくり鑑賞できました。・細見美術館(9月4日まで)…

京都 観光スポット(9) 木屋町二条 『島津製作所 創業記念資料館』

京都出張の「ちょい足し」におすすめ。「ものづくり立国、日本」の原点のひとつ。 島津製作所 創業記念資料館www.shimadzu.co.jp木屋町通を北上し、二条通との角にあります。 ホテルオークラの北東の裏のあたりです。 このあたりは、木屋町を流れる高瀬川の…

京都 朝食(6) 河原町御池 『Shava Liva (シャバ リバ)』

河原町御池の交差点の南西の一角、河原町通り、京都ロイヤルホテルの向かいにあります。裏が本能寺です。地下鉄の京都市役所前駅からも至近で、とても便利な場所です。Shava Livaが何語でどんな意味なのか不明ですが、なんだか1990年代のバブル期をイメージ…

京都 観光スポット(8) 岡崎 『無鄰菴(むりんあん)』 

動物園や南禅寺から、ほど近いところにあります。明治時代の政治家で軍人でもあった、山縣有朋公の別荘の建物と庭園が無鄰菴として公開されています(入場料410円)。京都を代表する名園として紹介されることは多いのですが、団体客、修学旅行生とは無縁なの…

京都観光スポット(7) 嵐山 大悲閣・千光寺

司馬遼太郎の「街道をゆく」シリーズの中に「嵯峨散歩」という巻があります(私の手元にあるのは朝日文庫、「街道をゆく26、嵯峨散歩、仙台・石巻」、1990年第1刷)。もとは「週刊朝日」に1985年1月25日号より連載されたものらしいですが、司馬先生一行が、…

京都 朝食編(5) 朝カレーと和食、洋食も 四条通から寺町通下る 『茶伽蔵(さかくら)』

四条河原町の交差点の一本東の寺町通を、四条通から南に下ったところ。仏光寺通と寺町通のT字路のところにあります。高島屋の南西の裏の方というイメージでしょうか。いわゆる「電器街」といわれているあたりです。甘辛カレーで有名なカフェですが、朝食もや…

京都 ひとり飯(9) 烏丸丸太町 『168食堂(いろは食堂)』

烏丸丸太町の交差点の2筋東の東洞院通を丸太町通りから下ったところの右側です。いろは定食や日替わり定食など1000円以内の定食メニューが豊富に揃っています。大人のお子様ランチ(1680円)も、とっても気になっていますが未体験です。どれも非常にちゃんと…

京都 ひとり飯(8) 清水五条 焼きそば専門店 『おやじ』

時々、無性にソース焼きそばが食べたくなります。最近、以前からチェックしていたお店に行くことができたので、備忘も兼ねて書いておくことにします。『おやじ』という名前のお店です。松原通りを川端通りから清水坂の方に向かう途中にあります。ちょっとわ…

京都 観光スポット(6) 嵐山 大河内山荘

大河内山荘は戦前からの時代劇の大スター、大河内傳次郎(1898-1962)が、生涯をかけて作り上げた庭園です。もう50年以上前に亡くなっているので、私は、大河内傳次郎の現役時代を知りませんが、子どもの頃に、「笑点」で林家木久蔵(当時)がモノマネをして…

京都 ひとり飯(7) 京都駅 東洋亭

出張先から京都駅に着き、京都タワーを見上げると、なんだかほっとした気分になります。妖しい毒キノコみたいですが。京都にきた当初は、このタワーを見るたびに、違和感しか感じませんでしたが、慣れというのは恐ろしいですね。京都駅に夜の8時ぐらいに着…

京都 ひとりごはん 朝食編(4) 四条河原町 回廊(かいろう)

四条河原町の交差点の北西の一角、ブックオフなどが入っているビル(OPA)の裏の方です。新京極からだと四条通から北に2筋目を東に入った先、花遊小路とクロスするあたりです。入り口にある大きな赤いコーヒーミルが目印。表にメニューが出てないので、入る…

京都観光スポット(6) 清水寺 早朝参拝

修学旅行でおなじみの清水寺ですが、早朝から開いていることでも知られています。HPによると年間を通じて午前6時開門となっています(元日は、前日の大晦日から閉門なし)。しかし、私の周りで、朝6時に行ったことがあるという人は、いまのところ皆無で、…

京都 番外編(2) 京都駅駅弁 「はつだ」 和牛弁当

京都駅の焼肉系の駅弁の中で、別格なのは、この「はつだ」の焼肉弁当(1728円)ではないでしょうか。京都駅では、伊勢丹の地下の弁当コーナーと、SUVACOの弁当売り場で買うことができます。SUVACOでは、レジでいうと出してくれます。なぜか、他の弁当と同じよ…

京都観光スポット(5) 雨の日におすすめ 鹿ヶ谷 泉屋博古館(せんおくはくこかん)

京都、岡崎の東側、鹿ヶ谷にあります。平安神宮や動物園あたりから徒歩でアクセス可能です。また、哲学の道から永観堂、南禅寺などに向かう途中です。戦前の財閥である住友家(現在の住友グループ)の芸術品のコレクションが展示されています。ここの目玉は…

京都ひとり飯(6) 烏丸御池 ナポリタン 喫茶店 マドラグ

年に数回ですが、昔ながらのケチャップ味のナポリタン・スパゲティが食べたくなります。京都でも、昔ながらのナポリタンの味を求めて、グルメサイトで検索しては、チャレンジしています。私の中での「昔ながらのナポリタン」の定義は、ケチャップ味、ハムか…

京都観光スポット(4) 六波羅蜜寺(ろくはらみつじ)

雨の日に傘をさしながら、庭園などを散策するのも悪くはありませんが、そんな時こそ、室内で仏像などとゆっくり対面するのも一興です。京都の街中付近では、三十三間堂や東寺の仏像が有名ですが、団体客に押されながらの拝観は疲れます。私は、六波羅蜜寺の…

京都ひとり飯(5) 四条烏丸 餃子 亮昌(すけまさ)

ときどき無性に餃子が食べたくなります。「王将」も嫌いではないのですが、もう少しヘルシーな感じの餃子を、という気分になると、私は「亮昌(すけまさ)」に行きます。「亮昌」は、四条烏丸の交差点の南、烏丸高辻の交差点を西の方に3ブロックぐらい行っ…

京都ひとり飯 朝食編(3) 四条烏丸 高木珈琲店 高辻本店

四条烏丸の交差点から南に三筋ぐらい下がった交差点(高辻烏丸)を西に入ったところにあります。昔ながらの喫茶店です。モーニングは何種類かありますが、私は、いつもAセットを頼みます。 トースト、スクランブル、ポテトサラダ、ソーセージ(2本)、飲み…

京都観光スポット(3) ほたる

梅雨に入り、蒸し暑くなってくると、ほたるの季節です。京都では、意外にも、お手軽な場所で、ほたるが見られます。 京都に来た初めての年に知人から教えてもらったのですが、それ以来、毎年、この季節が来ると心が騒ぎます。子どものころからほたるという生…

京都観光スポット(2) 相国寺承天閣美術館 森田りえ子展(終了しました)

私が、定期的に企画展をチェックしている美術館が幾つかありますが、そのうちの1つが相国寺承天閣(しょうこくじ、じょうてんかく)美術館です。同志社大学今出川キャンパスの北側にある、相国寺に併置されています。お寺に併設の美術館というと、宝物殿の…

京都ひとり飯(4) 四条木屋町 イグレック

四条木屋町(四条通りから北にちょっと上がったところ)の高瀬川近くのビルの2階にあります。京都には個性的なカレーのお店がたくさんあり、また、カレーの好みは、個人によって随分違うので、万人に受けるかどうかはわからないのですが、私は、ここのカレ…

京都観光スポット(1) 等持院(とうじいん)

等持院は龍安寺の南にある立命館大学の南東にあります。龍安寺からも歩いて行ける距離ですが、龍安寺の賑わいに比べると、ひっそりとしています。今の時期(5月から6月にかけて)はサツキが見頃です。新緑に、丸く刈り込まれたサツキが新緑や水面に映えて…

京都観光スポット(0) ひとりごと

「青もみじ」ということばは、麻生圭子さんの京都紹介の本で、はじめて知りました。「もみじ=紅葉=秋」と思い込んでいたので、目から鱗でした。このことばは、京都ネイティブの方々には常識かもしれませんが、関東に長く住んでいた私には、新鮮でした。そ…

京都ひとり飯(3) 烏丸御池 Soto(ソト)

烏丸御池駅近くの定食屋さん。姉小路通の学校風の建物の向かいの串カツ屋さんの地下にあります。入り口がちょっとわかりにくいのですが、大きく「めし」と書かれた看板が目印です。京都を紹介した雑誌の特集などでときどき取り上げられていて、京都の定食屋…

京都ひとり飯 朝食編(2) SIZUYA(志津屋) 三条店

モーニングセットは、京都に限らず、主に喫茶店やパン屋さんが提供していますが、喫茶店のモーニングセットのトーストは、往々にしてパサパサだったりして味気ないことが多く、一方、パン屋さんで出てくるコーヒーはシャビシャビで風味に乏しく、がっかりし…

京都ひとり飯 朝食編(1) からふね屋珈琲店 三条本店

京都でモーニングといえば、「イノダコーヒー」や「伊右衛門サロン」が有名ですが、もう少しお手頃で、待たずに入れるところを紹介します。からふね屋珈琲店三条本店です。河原町通を三条より少し南に下ったところにあります(通りの西側)。朝食はたいてい…

京都ひとり飯 番外編(1) 京都駅駅弁 八坂邸牛肉姿焼き弁当

京都駅のお弁当で、目下、私の一番のお気に入りは、八坂邸の牛肉姿焼き弁当(1,100円)です。新幹線改札内の2カ所のお弁当売り場で買うことができます。八坂邸というのは、三条商店街にある「弘」というお肉屋さんの系列の焼肉店だそうです。祇園の方にある高…

京都ひとり飯(2) 四条河原町 あいば食堂

四条通から寺町通を南に下った、いつも行列ができているラーメン店の向かいにあります。 各種定食が800〜900円台。焼き魚定食や唐揚げ定食がお勧め。この界隈には、焼き魚が食べられるところがなかなかないので嬉しい。 カレーも看板メニューです。京都には…

京都ひとり飯(1) 四条烏丸 Saffron Saffron(サフラン・サフラン)

Saffron Saffron 四条烏丸駅近くの洋食のお店です。 ハンバーグやエビフライなどの洋食の定番に、スープ、サラダ、ライスがついて1,000〜1,500円と手頃。でも、味は街の洋食屋さんのレベルを超えています。デミグラスソースなども丁寧に作られている感じです…

京都ひとり飯 はじめに

こんにちは、つんです。 50歳を過ぎて京都での単身赴任暮らしも4年目。街中のワンルームマンションと職場との往復の日々を過ごしています。 不定期な出張も多く、また、勤務時間も不規則なので自炊は難しい、かといって毎晩、豪勢な外食もままならない懐具合…