読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都ひとり飯 番外編(1) 京都駅駅弁 八坂邸牛肉姿焼き弁当

f:id:sankocho:20160521092738j:plain

京都駅のお弁当で、目下、私の一番のお気に入りは、八坂邸の牛肉姿焼き弁当(1,100円)です。新幹線改札内の2カ所のお弁当売り場で買うことができます。

八坂邸というのは、三条商店街にある「弘」というお肉屋さんの系列の焼肉店だそうです。祇園の方にある高級店らしいのですが、行ったことはありません。

「姿焼き」ということばから何をイメージしてよいのかよくわかりませんが、国産和牛の薄切り肉を焼いて特製のタレをつけ、ご飯の上に載せただけのシンプルな弁当です。ニンニク風味の濃い味付けが食欲をそそります。ただし、ニンニク風味なので、大事な打ち合わせやデートの前には、ちょっと注意が必要かもしれません。

包装紙の下には、その弁当で使われている肉牛の血統、生産者名、産地などが書かれた名刺サイズのカードが入っています。カードの裏面にはQRコードが書かれていて、読み取ると「牛の個体識別情報検索サービス」というページに入ることができます。そこでカード表面に書かれた「トレサビ番号」を入力すると、その牛がいつどこで飼育されてきたか(結構、牧場を転々とする牛もいるのですね)や、いつ出荷されたかがわかります。牛の人生(牛生?)に想いを馳せながらいただく弁当の味は、なんとも複雑ですが、こうやって肉の品質を開示する誠意には好感が持てます。

f:id:sankocho:20160521093151j:plain

「弘」さんが一頭買いした牛の肉が使われるので、毎回、異なる種類の牛の肉が味わえます。肉質や硬さが、毎回、同じではないのも楽しみの一つです。肉の大きさやタレのつき方などにも当たり外れがありますが、それもまた一興です。規格品ではないところが、手作り感があふれていて面白いです。

最近、京都駅新幹線改札内の別のお店に、「弘」の焼肉弁当(980円)があるのを発見しました。
早速、食べてみましたが、私は姿焼きの方が好きかな。