読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都 番外編(2) 京都駅駅弁 「はつだ」 和牛弁当

弁当

京都駅の焼肉系の駅弁の中で、別格なのは、この「はつだ」の焼肉弁当(1728円)ではないでしょうか。

京都駅では、伊勢丹の地下の弁当コーナーと、SUVACOの弁当売り場で買うことができます。SUVACOでは、レジでいうと出してくれます。なぜか、他の弁当と同じように自由に手に取れるところには並んでいないのです。それだけで、別格の雰囲気を醸し出しています。

「買うことができます」と書いたのは、いつも買えるわけではなく、「タイミングが良ければ、買うことができる」からです。というのも、季節や曜日や時間によっては売り切れなことが多いのです。そう聞くだけで、レア感が高まります。

このページは、「普段使い」の紹介を目指しているので、予約しないと入れない店や、30分以上も並ばないと入れないような店は紹介しないつもりです。だって、毎晩の食事に、その都度、お店に予約を入れるなんて面倒ですし、食べたい時にすぐ食べられないのもストレスが溜まります。ですので、そういう意味で、このお弁当も食べたい時に食べられるという「普段使い」の範疇には当てはまらないかもしれません。1728円という価格も、いつも気軽に買える値段かというと微妙です(伊勢丹のお弁当コーナーには、もっと高級な弁当も並んでいるので、つい、相対的に安い気がしてしまいますが)。

とはいえ、京都駅の駅弁のなかで、他に満足のいく選択肢があまりないので、これも私のローテーションの中に入っています。とりあえず、売り切れかどうかをチェックして、なければ、次の選択肢をという具合です。

さて、お味はというと、薄切り和牛肉に炭火焼の風味と、さっぱり味の甘辛のタレがからまって、焼き鳥っぽい感じはするものの、なかなか香ばしくて美味です。肉とご飯の間に薄くひかれたキャベツも微妙なアクセントになっている気がします。肉の大きさがちょうど良いので、食べやすいところもポイントです。ちょっと脂が唇に残りますが、それでも、冷めても最後まで飽きずにいただくことができます。

f:id:sankocho:20160617235415j:plain

得られる満足度は、人によって異なるでしょうが、万人が満足できるかというと微妙な気がします。特に、ボリュームを期待する方には、これだけだと物足りないかもしれません。胃袋が小さくなりかけてはいるものの、まだ文字どおりの肉食系を好む方で、かつ、財布の紐が緩み気味の方には、お勧めのお弁当です。